T-PEC お問合せはこちらから
トップページ 会社概要 サービス 採用情報 サイトマップ
トップページ > ティーペック健康ニュース > 頭痛

ティーペック健康ニュース

第87号 2000/2/10  
監修:東京医科歯科大学 医動物学教室
山田 誠一

頭痛

頭痛にもいろいろな種類があります。
今回は、生命に危険の及ばないよくみられる頭痛をいくつか取り上げてみたいと思います。
 片頭痛
頭部の血管が拡張することによって血管壁にある神経が引っ張られるなどの刺激を受けて痛みが生じます。前兆として肩が凝る・眉間が重い・眠気を催す・片方の足がしびれる・言葉が出にくくなる・視野の中央に小さな見えない部分が現れ、周囲がギザギザに光っているなどの症状が現れることがあります。しかし前兆はすべての人に起こってくるわけではありません。
症状
内分泌系障害:不正出血、萎縮性腟炎など
ズキンズキンと脈打つような痛みが襲う
片側だけの時もあるが、両側の時もある
吐き気もする
気候や天候など音・光・騒音などの刺激や、ちょっとした刺激に敏感
4〜72時間痛みが続く
痛みがおさまれば、その時のつらさを忘れてしまう
目の奥をグーと押されるような痛み
治療
鎮痛薬・消炎鎮痛薬・血管拡張予防薬などが使われます。
日常生活では、ストレス・人混みへの外出・睡眠不足(あるいは過眠)・激しい運動・過労・飲酒・喫煙・チョコレートやチーズ、ナッツ類の摂り過ぎなどにも注意が必要です。
 緊張型頭痛
長い間うつむき姿勢でいたために首や肩の筋肉が凝って、その部分の血流が悪くなったり、精神的ストレスによって頭や首の筋肉が持続的に収縮することによって起こります。
症状
毎日、一日中頭痛がする
頭全体が締めつけられるような鈍い痛み
肩凝り・首の凝り
体がだるい・疲れやすい等の症状
薬を飲めば1〜2時間で痛みがとれる
フワッとしためまい
治療
鎮痛薬・消炎鎮痛薬・筋弛緩薬・循環改善薬・抗不安薬・抗うつ薬などが使われます。
また精神的身体的なストレスを解消すると頭痛が起こりにくくなります。
 群発頭痛
季節の変わり目に1〜2ヶ月に集中し、群発して起こる頭痛で、前ぶれ症状は少なく突然起こります。脳の血管が拡張して起こると考えられています。
症状
耐えられない片側の痛み
涙や鼻汁が出る
1〜2時間くらいで治まる
突然発作がくる
治療
血管の拡張を防ぐ薬を頭痛が起こる前に飲むと効果があります。万が一、前もって飲めなかった場合でも、すぐ服用すればいくらか軽減します。高濃度の酸素吸入を10〜15分くらいする場合もあります。
また、アルコールは群発頭痛を招くので禁酒するようにしましょう。

3種類の頭痛を取り上げましたが、これらは生命には危険を及ぼすことはありません。
しかし頭痛にも生命に危険なものもありますので、割れるような、あるいは強い頭痛を感じた時には必ず受診しましょう。
◇   ◇   ◇
<参考文献>
「標準脳神経外科学」 医学書院
目的別インデックス 発行年月日から選ぶ 診療科目から選ぶ 季節の話題から選ぶ
お問い合わせ ページのトップへ

健康サポート

セカンドオピニオンサービス
ベストホスピタルネットワークサービス
受診手配・紹介サービス
生活習慣病受診サポートサービス
24時間電話健康相談
簡易認知機能確認スケール
「あたまの健康チェック」
Eメール健康相談
個人向け健康医療サービス
海外総合医療サービス
健診サポーター

こころサポート

メンタルヘルスカウンセリング
こころの専門医
セカンドオピニオンサービス
法律相談
T-PECストレスチェック
定期訪問カウンセリング
惨事のこころのケア(CISM)

組織/人事労務へのサポート

集団禁煙プログラム
人事・労務担当者向け相談
研修
メンタルヘルスセミナー
ハラスメント相談
コンプライアンス通報・相談

メディカルコンテンツ

医療機関データベース
健康関連コンテンツ

ご利用者様コーナー(会員用)

セカンドオピニオンサービス
メンタルヘルスカウンセリング
個人向け健康医療サービス

Q&A

サービスQ&A
用語集

トピックス

メンタルヘルス相談分析
ティーペック健康ニュース
ティーペックEAPニュース

トップページ会社概要サービス採用情報サイトマップ

ご利用にあたって個人情報保護ポリシー

Copyright(C) 2008 T-PEC CORPORATION All Rights Reserved.